従来品には無い魅力満載!LED照明の基本と特徴をご紹介

LED照明の基礎知識を知ろう

LED照明は白色ダイオードを利用した次世代型照明のことです。1996年に青色ダイオードが完成したことで白色を創り出せるようになり、LED照明の開発が盛んに行われるようになりました。開発当初こそ発光効率が悪く製品として粗が目立っていましたが、現在は従来品よりも明るく発光する照明が数多く出揃っているんですよ。発光効率が進むことで、現在では信号機や体育館の照明、街灯などにも採用されるケースが増えています。値段もどんどん安くなってきていることから、今後爆発的に普及することが予測されています。

電力消費量が少なく長寿命です

LED照明の一番の特徴は電力消費量が少なく、しかも長寿命なことです。発光ダイオードを用いているため、電力消費量は従来の蛍光灯や白熱電球の1/3~1/4程度しかありません。寿命の長さも圧倒的で、従来品の数倍以上の6万時間に及びます。つまり電気をあまり使わず、交換頻度も少ない超省エネ照明というわけなんですよ。しかもLED照明は従来照明とは違い、突然明かりがプツリと消えてしまうわけではありません。寿命とされる6万時間が来ても、本来の明るさの7割程度は確保されるため、余裕を持って交換できます。

衝撃に強く、あまり発熱しません

LED照明のもうひとつの特徴は、衝撃に強いことです。従来の照明はいずれもガラス製ですよね?ですがLED照明は主に樹脂で出来ているため、強い衝撃を受けても壊れることがありません。たとえば繁華街の立て看板のバックライトや、工場の照明としてぴったりな特徴と言えるでしょう。LED照明は、ほとんど熱を発しません。子供が間違って触っても火傷してしまうことがないため、従来は不可能だったライトアップも可能となります。熱に弱い生鮮食品を近距離から鮮やかに照らすこともできるんですよ。このように、LED照明は従来の照明では考えられない使い方ができます。

LEDライトパネルは、従来の蛍光灯を用いたパネルに比べて鮮やかな発色が特徴です。また、消費電力も従来の30%程度なので、維持費も大きく削減できます。