ストレスの多い現代社会。ゆっくり眠りたい時の対策について

温かいミルクを飲んで落ち着いて

牛乳に含まれているトリプトファンというという成分は、気持ちを落ち着かせて眠りを誘う成分です。イライラや不安でなかなか眠れないという人は、温かくしたミルクを一杯飲んではどうでしょう。もちろん、これにココアやはちみつを入れても大丈夫です。はちみつにもリラックス効果があるので、ミルクに混ぜればより良い眠りに入るのを助けてくれます。また、一時的に体温を上げることで、体温が下がり始めた時に眠気がするので、飲んだ後はお布団へ入りましょう。

ヒーリング系の音楽を聴いてみる

なかなか眠れない人はヒーリング系の音楽を試す方法があります。サイトで検索をしますと、聴くことができるので、なかなか眠れない、イライラや不安があるという方は試してみてください。ヒーリング効果のある音楽を聴くことで脳からアルファー波というリラックスホルモンが分泌されるため、次第に音楽を聴いてると力が抜けて微睡んでくるので次第に深い眠りに入ることができます。CDショップにもヒーリング効果のある商品があるので試してみてください。

お部屋の室温を変えるなど、環境を変えてみましょう

暑すぎても寒すぎても、リラックスすることができないので眠りに入ることはできません。自分がちょうどいいなと思えるような室温にし、眠ることが大切です。また、加湿器を使用してみたり、アロマオイルを使ってみたりなど普段と違った環境を作ると気分も変わるのでリラックスできて入眠できる可能性もあります。またパソコンを使われている方は目元を温めるだけでもリラックスできるので眠りやすくなるのでいろいろな方法を試してみてください。

岡山の心療内科を見つけるには口コミなどのチェックもいいですが、直接行くこともおすすめします。雰囲気やスタッフの対応など自分で確かめることができいいです。