こんな避妊は都市伝説!!正しい避妊で計画的に子作りしましょう

安全日は絶対安全とは限らない

排卵をし、生理前の高温期は妊娠しにくいからコンドームを装着せずに性行為をしても問題がないだろうと甘く考えている若者も少なくはありませんが、実は安全日は決して100パーセント安全とは限りません。中には排卵が遅れて、その安全日だと思われていた日に卵子が中にあり受精してしまう場合もあります。たとえ排卵が終えて妊娠しにくい日だとしても、望まない妊娠を防ぐためにもしっかりコンドームを装着して避妊するようにしましょう。

膣内で射精したあとに炭酸で洗わないで

膣内で射精したあと、コーラなどの炭酸飲料で膣内を洗えば妊娠しないという都市伝説がありますが、全くのでたらめです。むしろ、炭酸飲料で膣内を洗えば、膣内が荒れてしまう恐れがあり危険な行為です。更に危険なのが、精子は一度に何億もの数が出ます。子宮に到達するまでに数分かかりますが、コーラで押されることで子宮外妊娠をする可能性もあるのです。また不衛生になり雑菌も繁殖しますので、決して安易にやってはいけない避妊方法です。

コンドームは二枚重ねが安心は絶対嘘

一枚だけでは破れるのが心配だから、二枚重ねにして行えば絶対大丈夫だろうと思われがちですが、これも嘘です。理由はコンドーム同士が摩擦で擦れあい、一枚の時よりも更に破れやすくなってしまい、射精した精液が膣内に漏れてしまい妊娠してしまう恐れがあります。コンドームの正しい装着方法は購入した際に説明書が書いてありますので、必ず注意事項をしっかりとよみ、正しい装着方法を行ってから性行為を行うようにしてください。

平日に仕事がある女性は日曜日に婦人科に行くことが多いので、日曜日にも診療している婦人科が増えています。