皆が得をする!?住宅フランチャイズの基本とメリットを知ろう

住宅フランチャイズってなんのこと?

住宅フランチャイズとは、大手ハウスメーカーがフランチャイザー(本部)となり、地元密着で営業をしている工務店がフランチャイジー(加盟店)となることで成立するビジネスのことです。フランチャイズといえばコンビニエンスストアを連想しますよね?ですが、住宅フランチャイズにおいてはコンビニのように同一地域に同じ加盟店が密集することはありません。いわゆる縄張りが保証されているため、安心して加盟できるんですよ。本部と加盟店の両者がウィンウィンな関係を築けるだけでなく、顧客にとっても利用価値が高いため、この業界は毎年高い成長率をキープしています。

住宅フランチャイズの仕組み

住宅フランチャイズは、本部と加盟店が対等の立場で契約関係を結ぶことで成立しています。本部の立場の方が強いわけではないんですよ。住宅フランチャイズにおいて、本部が提供する具体的なものは、経営指導や商品開発、マーケティング及び広告宣伝などです。更に資材の一括仕入れや情報システムの提供なども行います。加盟店が提供するのは、実際の営業活動や施工設計、建築後のメンテナンスです。いわば、お互いが足りない部分を補い合う仕組みこそが、住宅フランチャイズの特徴と言えるでしょう。

住宅フランチャイズのメリット

住宅フランチャイズのメリットは、本部と加盟店及びユーザーそれぞれに存在します。本部であるハウスメーカーにとってのメリットは、地域密着を旨とする工務店の施工能力をそっくり利用できることです。加盟店である工務店にとってのメリットは、ハウスメーカーが持つブランドや信用力、強力な資材調達能力を利用できることです。そしてユーザーはハウスメーカーが調達した安価な資材によるお買い得な住まいを、工務店の技術力によって建てられます。要するに住宅フランチャイズは、関わる全ての人たちが幸せになれる画期的なビジネスと言えるでしょう。

ハウスメーカーを本部、工務店を加盟店としたビジネススタイルのことを住宅のフランチャイズと呼びます。本部の資本力と工務店の施工能力が組み合わさっており、利用者にとって利用価値が高いことが特徴です。